第18回浜松シティファッションコンペ

HAMAMATSU CITY 100TH ANNIVERSARY

最終審査会(えんてつホール)

2011年12月11日(土)開場/12:30分 開演/13:00(入場無料)



第17回浜松シティファッションコンペ

会期 平成22年12月19日
会場 アクトシティ浜松コングレスセンター
主催 浜松市
後援 静岡県、浜松商工会議所、財団法人浜松市文化振興財団、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送、K-MIX、Fm Haro!、ケーブル・ウィンディ
協賛 社団法人静岡県繊維協会 株式会社遠鉄百貨店
部門 なし
素材 素材協力事業所を紹介するなどして入賞者自ら素材を入手してもらう。
ファッション製品の実制作には、何らかの形で浜松産地の素材を使用してもらう。
応募資格 アマチュアでファッション製品の実制作が可能なこと。
主な審査員 畠山 巧 氏(T・H・D La maisonデザイナー)
吉原 隆 氏(株式会社ユナイテッドアローズ・ディストリクト ユナイテッドアローズ 店長)
応募点数 4,076点
その他 応募デザイン画展・地域ブランドの紹介~eee-sweat紹介展~

グランプリ

優秀賞

東京都杉並区/玉田 達也さん (文化ファッション大学院大学)

こだわった生地加工を追求し、その生地で流れるような「動き」を表現した素材が活かされた作品。
ものづくりに対する彼の探究心についても高く評価する。

(畠山 巧)

準グランプリ

グランプリ

東京都品川区/山崎 優哉さん (杉野服飾大学)

産地の素材をデニム風に使用し、全体的に迫力を感じる若さ溢れる作品。

(畠山 巧)

優秀賞

大阪府阪南市/喜多 若菜さん (エスモードジャポン大阪校)

優秀賞

東京都杉並区/早川 翔さん (東京モード学園)

審査員特別賞

東京都中野区/曽根 恵美さん (東京モード学園)

総評(畠山 巧氏)

ファッショントレンドは、ミラノ・パリコレクションのような世界で代表的なコレクションから発生しています。 これは、これらのコレクションがクリエイティブなものづくりを常に提案しているからであり、新しいクリエイションがファッション産業を作り上げ、盛り上げていることは言うまでもありません。

今回のコンペでは、最終審査会前日に行われた予備審査でのデザイナー本人のプレゼンテーションや作品から、デザイン・フォルムにこだわり、更にはテキスタイルを活かそうとする最終審査に残った若きクリエイターのパワーを感じることが出来ました。

今後、彼らにはデザイナーやパタンナー、テキスタイルデザイナーとして、業界のなかで成長し活躍していただき、鮭のように浜松産地に戻ってきてほしい。 当産地との接点をより良い形で発展させ、日本のファッション産業を産地と共に盛り上げてもらうことを望みます。また彼らはその力を持っていると思います。 更に、上位入賞とそれ以外の各作品の点数に大差はありません。

上位に残らなかった入賞者も来年に向けて漲るパワーで高いクリエーションを目指し飛躍して欲しいと思います。


応募デザイン画展

応募デザイン画展

地域ブランドの紹介 ~eee-sweat紹介展~

 

当コンペ審査員畠山巧氏のプロデュースによる地域ブランド「eee-sweat(イー・スウェット)の新製品の展示紹介。
(協力:浜松商工会議所)


Pege UP